トップページ > 旺旺に関して > 独立非執行役員
紹介 執行役員 非執行役員 独立非執行役員 上級管理者 会社沿革 旺旺精神 旺旺物語 社歌 旺メディア 企業内雑誌 中国の旺旺 世界の旺旺
独立非執行役員
  • 貝克偉
    貝克偉
    64歳、独立非執行役員、ノミネート委員会主席、審査及びリスク管理委員会、給与・賞与委員及び政策委員会のメンバー。 彼はアメリカ南イリノイ大学(Southern Illinois University)を卒業し、会計学修士学位を取得した。また北テキサス大学(University of Texas)の会計博士学位も所持している。貝博士はアメリカアリゾナ州立大学キャリービジネススクール(W. P. Carey School of Business, Arizona State University)の常勤会計教授である。貝博士はアメリカアリゾナ州立大学キャリービジネススクール中国執行院長、上海EMBA課程主任、中国MiM項目主任とグローバル金融経営管理博士項目共同主任を歴任した。30年に亘りアメリカアリゾナ州立大学の助教、准教授、教授を歴任した。貝博士はモトローラ(Motorola, Inc.)、インテル(Intel Corporation)、バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)、ダイアル(Dial Corporation)、レイセオン(Raytheon)、シスコシステムズ(Cisco Systems, Inc.)及びハネウェル(Honeywell International Inc.)等の多数の多国籍企業の顧問を務めた。貝博士は衆安房産有限公司、浙江沪杭甬高速公路股份有限公司を含む香港証券取引所(HKEX)のメインボード上場会社の独立非執行役員でもあり、2015年-2019年に五鉱資源有限公司の独立非執行役員を務めた。また貝博士は招商局集団の外部役員でもある。貝博士は2011年-2019年に中国宝武鋼鉄集団有限公司の外部役員であり、それは宝山鋼鉄股份有限公司(上海証券取引所に上場した会社)の持株会社。彼は2006年-2012年に宝山鋼鉄股份有限公司の独立役員を務め、2012年-2019年に当該会社の役員を務めた。貝博士はアメリカ会計学会のメンバーでもある。彼はアメリカ会計学会グローバル委員会主席及び北アメリカ華人会計教授学会の主席を委任されたこともある。2007年11月に当グループに入社した。
  • 谢天仁
    谢天仁
    59歳、独立非執行役員、審査及びリスク管理委員会、給与・賞与委員会、ノミネート委員会及び政策委員会のメンバー。謝氏は台北大学法律研究所の修士課程を修了し、修士学位を取得した。1988年に聯鼎法律事務所に招聘され弁護士業務に携わり、1991年に論衝国際法律事務所を設立して以来、パートナーになっている。謝氏は商業法律に関係する領域の法律サービスにおいて一般契約、M&A、解散、清算及び破産等を含む非訴訟及び訴訟の処理に豊富な経験を持っている。謝氏は1993年-2013年に中原大学で海商法講師を兼任した。謝氏は1995年に台湾消費者文教基金会のボランティアになり、2008年-2010年には当該基金会の董事長を務めた。謝氏は2019年6月18日に旺旺友聯産物保健股份有限公司(台湾証券取引所に上場した会社)の独立役員を退任し、現在は台湾証券取引所に上場している中国テレビ事業股份有限公司の独立役員を務めている。謝氏は2018年6月に当グループに入社した。
  • 李国明
    李国明
    63歳、独立非執行役員、審査及びリスク管理委員会、給与・賞与委員会、ノミネート委員会及び政策委員会のメンバー。李氏は香港理工学院の高級会計学の学位とイギリスのUniversity of Bathの科学修士学位を所持しており、主に経営学を専攻した。李氏は現在聯華超市股份有限公司(香港証券取引所(SEHK)に上場した会社)の独立非執行役員及び九興控股有限公司(香港証券取引所(SEHK)に上場した会社)の財務長を務めている。李氏は三十年余りの財務管理経験を持ち、M&A及び企業融資方面においても広範な経験を持っている。李氏は香港にて上場している多数の会社の財務主管を務めていた事もある。李氏は現在香港会計士公会の上級メンバー及びイギリス特許管理会計士公会のメンバーでもある。李氏は2018年6月に当グループに入社した。
  • 潘志强
    潘志强
    49歳、独立非執行役員、審査及びリスク管理委員会、給与・賞与委員会、ノミネート委員会及び政策委員会のメンバー。潘氏は台湾国立大学の財務金融学学士学位及びイギリスのケンブリッジ大学の経営管理学修士学位を取得した。潘氏は承誉資本香港有限公司創始者、執行長、役員及びaccountable officerを務めた。潘氏はグローバル資本市場の領域、投資と資産管理業界において豊富な経験を持ち、年金基金、主権基金、ソブリン・ウエルス・ファンド、プライベートベンチャーキャピタル基金及び保険会社などの企業及び資産家にサービスを提供していた。潘氏は1997年にJardine Fleming Securities (Taiwan)に入社し、現物取引員として金融市場で経歴を始めた。その後2003年-2007年にはモーガン証券投資信託社で法人、業務部門主管を務め、投資コンサルタントサービスを年金基金と企業顧客等に提供した。潘氏は2007年-2013年に香港ゴールドマン・サックス社に勤め、ポートフォリオ・マネージャー及び顧問として、資産家及び企業に業務を提供した。潘氏は香港証券及び期貨事務監察委員会の四号及び九号のライセンスを所持している。潘氏は2019年8月に当グループに入社した。
  • 江何佩瓊
    江何佩瓊
    68歳、独立非執行役員、審査及びリスク管理委員会、報酬委員会、ノミネート委員会及び政策委員会のメンバー、また、環境、社会及びガバナンス委員会のメンバーでもある。現職はラッフルズ ・ ファミリーオフィス(Raffles Family Office)大中華区董事総経理。以前はクレディ・スイス プライベート・バンク(Credit Suisse Private Bank)中国Ⅱ区董事総経理、市場部主管を務めた。また香港スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)で大中華区及び北アジアのプライベート・バンクの地域副主管を務め、中国オフショアチームの立ち上げにおいて重要な役割を果たした。江氏は四つの国に跨り財産管理業界で30年以上の銀行業務経験を有し、クレディ・スイス(Credit Suisse)、スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)、ABNアムロ・銀行(ABN Amro Bank)、サラシン銀行スイス (Bank Sarasin & Cie AG )、スイス銀行(Bank of Switzerland )、ドイツ銀行(Deutsche Bank AG)、ナショナル・ウエストミンスター銀行(National Westminster Bank Plc)及びシティバンク(Citibank)にて高級管理と顧客関係管理職を担当していた。江氏は証券及び先物条例(香港法例第571章)項目の第4類(証券について意見の提供)と第9類(資産管理の提供)の規制活動に従事するライセンスを所持している。江氏は2021年7月から当グループに加入している。